看護部

地域の方々に必要とされる医療・看護の提供を

看護部長からのメッセージ

まるがめ医療センター看護部のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

当センターは、飯野山、瀬戸内海、近くに丸亀城を見渡せる自然に恵まれた場所に位置しています。

当センターでは、外来部門、健診部門、地域連携室、通所リハビリ、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、障害者病棟、一般病棟と多くの役割を担っています。そのため、多職種が1チームとして、思いやりのある医療提供を行っています。そして、お互いを認め合い、承認することを心掛けています。

また、私たちは、当センターをご利用される皆さま一人ひとりを大切にした思いやりのある看護を実践しています。そして、当センターが築いてきた看護の心を大切にしつつ、先進的な医療に対応した安全・安心・信頼される看護を提供していけるように日々努めています。

これからも多職種と共にチーム力を高め、患者・家族の皆様に満足していただける医療・看護を提供してまいります。

看護部長 認定看護管理者
三村 真吏

看護部の理念

地域の人々に信頼される看護が提供できるよう最善を尽くします。

看護部の基本方針

  1. 患者及び家族の尊厳を守り、優しい笑顔と思いやりのある看護を行います。
  2. 専門職として常に看護の本質を追究し、科学的根拠に基づいた安全な看護が提供できるよう教育・研修を推進します。
  3. 他部門と協働しチーム医療の向上に努め、積極的に病院経営に参画します。

看護の提供体制

(参考)看護体制基準は10対1看護基準です。
看護単位は、急性期一般病棟(2病棟)、地域包括ケア病棟(1病棟)、療養病棟(1病棟)、
外来、手術室中央材料室、透析です。病棟の看護提供方式は看護サービスと業務の効率化を考え、
固定チーム方式と機能別方式とPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)、PS(プライマリーナーシング)を取り入れています。

病棟紹介