お電話でのお問い合わせ(代表)

0877-23-5555

受付・診療時間

受付時間 午前8:00~12:00
  午後1:00~ 5:30
診療時間 午前9:00~12:00
  午後2:00~ 6:00
休診日 土(午後)、日、祝、年末年始
※診療科によって異なります。
 外来診療予定表をご確認ください。

病理検査

病理検査の業務は、大きく
①病理組織検査
②細胞診検査
③病理解剖
に分けられます。

①病理組織検査

手術や内視鏡などによって採取した組織から病理組織標本を作製し、それを病理医が顕微鏡で観察して病気の診断を行います。 生検とは、内視鏡などにより採取された組織片から病気の種類を確定診断する検査です。手術材料の検査では病気の種類について、さらに詳しい病理組織診断を行います。 この検査結果をもとに治療方針が立てられ、手術の術式の決定・薬剤の選択など適切な治療を行うために重要な検査です。 特殊な検査として術中迅速病理組織検査があります。手術中に良性・悪性の鑑別や摘出範囲を決める際、組織の一部をとって検査をする事があります。組織を急速に凍結させることにより短時間で標本を作製し、診断を行うことができます。手術中に診断結果が報告されるので、結果によっては術式や切除範囲が変更され、より適切な手術が行われます。

②細胞診検査

癌を見つけるための検査で、喀痰や尿などで肺癌・尿路癌の検査、がん検診にて子宮癌や肺癌など、穿刺吸引細胞診で乳癌や甲状腺癌を検査します。臨床検査技師(細胞検査士)が顕微鏡で異常細胞の有無を観察し、悪性の疑いがある場合などは病理医(細胞専門医)が最終診断をします。 また、ベットサイド細胞診として、乳腺や甲状腺の穿刺細胞診を行うときに、ベットサイドにて細胞が採れているかどうかを検査します。その場で染色し顕微鏡で観察して報告します。採れていない場合はその場で再検しますので、後日再検を防ぐ事が出来ます。

③病理解剖

死因や病気の原因を調査し、臨床経過と死後の臓器所見との関連付けが行え、死因の解明や診断及び治療効果の検証が行えます。現在当院では行っておりません。