お電話でのお問い合わせ(代表)

0877-23-5555

健診予約・受付時間

予約受付時間 午前8:30~午後5:30
(土曜は午前のみ) 午前8:30~12:30
健診受付時間 午前8:30~12:00
  午後2:00~ 4:00
休診日 日、祝、土(午後)
  年末年始
連絡先 0877-24-8300

検査項目・料金表

人間ドックには、日帰りで実施する【半日コース】と、1泊2日で実施する【2日コース】があります。基本の検査内容は以下のようになっていますがオプション検査を組み合わせていただくことで、 より詳しい「健康チェック」が可能です。
※男性の前立腺がん検診(PSA)、女性の乳がん・子宮がん検診は基本の検査内容に含まれません。オプション検査でお申し込み下さい。

人間ドック料金(税込)

【半日コース】36,000円
【2日コース】63,700円

人間ドック検査項目

検査項目 検査内容 半日
コース
2日
コース
解説
診察 問診・聴打診 喫煙歴・服薬歴等の聴取、聴打診を行います。
身体計測 身長・体重・BMI・腹囲 肥満など体格の判定をします。
体組成測定 In Bodyによる体組成測定 体組成バランスを測定し、アドバイスします。
尿検査 糖・蛋白・潜血 尿中の成分を調べ、腎・尿路系の疾患や糖尿病などの有無を検査します。



血液学一般 赤血球数 各種貧血、多血症、脱水などの有無を調べます。
血色素量
ヘマトクリット
白血球数 各種血液疾患や、感染症などの有無を調べます。
血小板数
血液型(ABO・Rh式) 当院で初めて受診された時のみ、検査をします。
糖代謝 血糖(空腹時) 糖尿病のスクリーニング検査です。
※ 空腹状態(食後10時間以上)でお越し下さい。
HbA1c
糖負荷試験
脂質代謝 総コレステロール 血液中の脂質の状態を調べます。
中性脂肪は食事の影響を受けやすいので、空腹状態でお越し下さい。
中性脂肪
LDL-コレステロール
HDL-コレステロール
肝機能 AST(GOT) 肝臓・胆道系の疾患で異常を示します。
アルコール過剰摂取やアルコール性肝障害で、また心疾患で上昇する項目があります。
ALT(GPT)
γ-GTP
ALP
総ビリルビン
ZTT
TTT
LDH
LAP
コリンエステラーゼ
腎機能 クレアチニン 腎機能が低下すると高値を示します。
尿酸 尿酸は痛風や心疾患、血液疾患などでも上昇します。
尿素窒素 eGFR(推算糸球体濾過量)は血清クレアチニン値と年齢、性別から計算される、腎機能を評価する指標の1つです。
eGFR
膵臓機能 アミラーゼ 膵炎・唾液腺疾患などで異常値となります。
全身状態 総蛋白 栄養状態、肝臓や腎臓の状態が分かります。
アルブミン
A/G比
血清学 HBs抗原 B型肝炎・C型肝炎ウイルス感染の有無を調べます。
HCV抗体
CRP 炎症性疾患の有無を調べます。
RF
腫瘍マーカー CEA 消化管の悪性腫瘍を中心に、最も汎用的に用いられる補助診断法です。
聴力検査
(オージオメータ)
2点
(1000Hz・4000Hz-閾値)
きこえを評価するためのものです。防音室内で調べます。

視力 裸眼・矯正 ※コンタクトレンズご使用の方は矯正のみです。
眼圧 両眼 ※コンタクトレンズご使用の方は外して頂きます。


眼底 両眼 眼底の血管の様子などを調べます。
※ コンタクトレンズご使用の方は外して頂きます。
血圧   変動が激しいですが、普段のご自分の血圧値を知っておくことも大切です。
心機能検査 安静時標準12誘導心電図 心臓が正常に機能しているかを調べます。
※ 手・足首(素肌)に電極を付けます。
心臓超音波検査 超音波を心臓に向かって発し、返ってくる反射波を画像に映し出して、心臓の形や動きを観察する検査です。
動脈硬化
検査
血圧脈波検査 血管の硬さ・詰まりそれぞれを示す指標から、全身の動脈硬化度を評価する検査です。


胸部X線 直接撮影(2方向) 各種検査により、肺がんや肺結核、喘息などの肺疾患の有無を調べます。
肺機能 肺活量・%肺活量・1秒率


大腸がん
検査
便潜血検査
(ヒトヘモグロビン2日法)
大腸内の出血がないか、便の中の血液を調べる検査で、2日分を提出して頂きます。
※女性の方:生理中でない時の便をご提出下さい。
胃部検査 胃部X線直接撮影(バリウム) バリウムを飲んで、食道・胃・十二指腸などを観察します。
※注意事項をよく読み、空腹状態でお越し下さい。
※ 胃内視鏡(胃カメラ) ※胃部X線(バリウム)を 胃カメラに変更可能です(○)。
※ 検査中、医師が必要と認めた場合、ご本人様の承諾を得た上で、生検などより詳しい検査を追加することも出来ます。(別途料金が必要です。)
腹部超音波 肝・胆・膵・腎・脾 おなかにゼリーを塗って超音波を当て、各臓器に異常がないかを調べます。
(観察できる範囲での結果をお返しします。)
※ 必ず空腹状態(食後6時間以上)でお越し下さい。
栄養指導