お電話でのお問い合わせ(代表)

0877-23-5555

受付・診療時間

受付時間 午前8:00~12:00
  午後1:00~ 5:30
診療時間 午前9:00~12:00
  午後2:00~ 6:00
休診日 土(午後)、日、祝、年末年始
※診療科によって異なります。
 外来診療予定表をご確認ください。

小児リハビリテーションセンター(小児神経)

専門のスタッフがお子さんの心と身体に合わせた早期介入・リハビリ・指導・支援を行います。

専門医と理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が連携し効果的な援助・支援を行います。 医療法人社団重仁 まるがめ医療センターは、小児リハビリテーションをより充実させるために、まるがめ医療センター北側の「小児リハビリテーション棟」2階に、「まるがめ医療センター小児リハビリテーションセンター」を開設しています。

小児リハビリテーションセンターでは

小児リハビリテーションセンターでは、肢体不自由、広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)、言語障害など運動・言語・社会性などの発達に関する問題や不安を抱えるお子さん達に対し、小児神経科専門医・理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)・臨床心理士などの連携により診察、指導、リハビリにあたります。 援助・支援を行うためには、お子さんとはもちろん、ご家族の皆様とのコミュニケーションを結ぶことも大切ですので、心を開いた話し合いをすることを心がけています。
また、親の会主催で年に2回程度「障がい児親の会」を行っています。
親御様同志の話し合う機会や職員とのコミュニケーション機会を深めるためにも大切な会となっています。

小児リハビリテーションセンター内観

言語聴覚室
お母さん、お子さんと言語聴覚士との個別訓練で、言葉の発達などを通じて、お子さんの全体的な発達を促進していきます。 それに併せ、お子さんの発達段階に応じた 家庭で出来る具体的なアドバイスなどを含めた母親指導を行っています。
作業療法室
それぞれのお子さんの意欲や興味を持つ遊びの中から身体的・認知的・精神的な発達を促す作業治療を行っています。また日常生活動作(食事・更衣・排泄など)の獲得や就学前準備もご家族と相談しながらアドバイスさせていただいております。

 

感覚統合療法室

感覚統合療法では不器用、集中力がない、運動が苦手なお子さんや体が不自由なお子さん、視覚・聴覚に障害があるお子さんなどへさまざまな感覚を体験してもらいながら、訓練を行っています。

理学療法室
緊張のコントロール、座位、這う、立つ、歩くなどの姿勢や移動運動の基礎能力を発達促進させるためにボイタ博士による発達運動学的治療を取り入れています。また、 感覚統合運動、移動運動の実際的な訓練も行っています。 乳幼児、年少児には家庭での自主訓練の指導も行っています。
日常生活動作訓練室

日常生活訓練、巧緻動作訓練、アクティビティーなども行っています。

小児用トイレ・オムツ替えベッド

不安感を除くために部屋を明るくし、しかも障害児が利用しやすい利便性と広いスペースを確保し、トイレットトレーニングにつながるよう工夫しています。年少児用の小さいサイズ・年長児用の大きいサイズのオムツ替えベッドを用意しておりますので、体の大きなお子様でもご利用いただけます。

診察日(完全時間予約制)

  • 月曜~水曜:9:00~11:30、14:00~16:30
  • 木曜~土曜:9:00~11:30
  • 日・祝日休み
    ※新患(初めて来院される方)は15歳未満が対象です。(現在は、診察のみ対応)
    ※電話にてお問い合わせください。
 
午前
午後

(まるがめ医療センター)  TEL 0877-23-5555
(小児リハビリセンター受付)TEL 0877-24-8306

リハビリテーション(理学療法・作業療法・言語聴覚療法)

  • 予約制
 
午前
午後

平日(月~金):9:00~12:30、13:30~17:30
土曜:9:00~12:30
日・祝日休み

小児リハビリ担当職員