まるがめ医療センター|就学資金貸与制度

お電話でのお問い合わせ(代表)

0877-23-5555

受付・診療時間

受付時間 午前8:00~12:00
  午後1:00~ 5:30
診療時間 午前9:00~12:00
  午後2:00~ 6:00
休診日 土(午後)、日、祝、年末年始
※診療科によって異なります。
 外来診療予定表をご確認ください。

就学資金貸与制度

この制度は、将来、まるがめ医療センターにおいて、看護師として勤務する意志を有している看護学生に対し、修学や研修に要する資金を貸与することにより、まるがめ医療センターの看護師の確保と地域医療に貢献する優秀な看護師を養成し医療の充実を図ることを目的とする制度です。

1.貸与資格

貸与申請ができるのは、下記要件を全て満たす方です。
(1)保健師助産師看護師法に規定する学校又は看護師養成所(以下「看護師学校」という。)に在学する者 ( 全国 )
(2)看護師学校を卒業後、看護師としてまるがめ医療センターで勤務する意志を有していること。

2.貸与月額及び貸与期間

(1)貸与の額

入学時 看護大学 4年課程 1,000,000円
看護短期大学及び看護専門学校 3年課程 800,000円
看護短期大学及び看護専門学校 2年課程 600,000円
月額 60,000円

(2)貸与の期間 貸与の開始月から看護師学校を卒業する月までの正規の修業期間です。 (学年途中の利用可)
(3)返済の免除 当院看護師として3年間勤務頂ければ、返済を免除します。

3.募集人数

  
看護大学  4年課程 2名程度
看護短期大学及び看護専門学校 3年課程 2名程度
看護短期大学及び看護専門学校 2年課程 2名程度

4.募集期間

(1)毎年5月1日から6月30日まで直接持参又は、郵送での受付となります。(諸事情で遅れる場合はご連絡ください)
(2)上記受付期間中に健康診断等必要資料が整わない場合は、まるがめ医療センター総務課へご相談ください。
TEL 0877-23-5555
FAX 0877-23-6200

申請方法と貸与規定

1.申請手続き

修学資金の貸与を希望される場合は、次により、まるがめ医療センター総務課あてに必要資料を提出してください。
①提出書類
修学資金貸与申請書(様式第1号)
③履歴書(写真を貼付すること)
④在学証明書
⑤健康診断書(書式は問いません。)

【実施項目】

診察・問診(既往歴・業務歴・自覚症状及び他覚症状の有無)・理学的所見・身長・体重・BMI・腹囲・視力・聴力(オージオメーターによる)・血圧測定・尿検査(糖・蛋白)・胸部X線検査・心電図検査・血液検査(肝機能・脂質代謝・血糖)

誓約書(様式第2号)
※申請に際しての提出書類は、一切返却しません。
⑦保証人
申請には、2名の連帯保証人が必要となります。
※連帯保証人は独立の生計を営む成年者で、修学資金の貸与決定の際は、申請者と連携し修学資金の返還債務を負担することになります。
※申請の際に、連帯保証人(2名)の印鑑登録証明書を添付してください。
※修学資金を受け入れる期間中は、毎年在学証明書、学業成績及び健康診断書を提出してください。

2.被貸与者の選考

(1)申請書類の審査及び面接により貸与者を決定します。面接の日程、場所は追って連絡いたします。
(2)貸与者には、7月下旬に通知いたします。

3.貸与の方法

貸与決定後、4月分~貸与決定月までの貸与分を貸与者名簿の指定口座に一括入金し、以後は毎月1ヵ月ずつ月末に振り込む予定です。

4.貸与の一時停止

看護師学校を長期欠席又は休学した時は、修学資金の貸与を一時停止することがあります。

5.修学資金の返還猶予

次の(1)~(3)に該当する場合は、返還が猶予されます。
(1)看護師学校を卒業し看護師免許を取得した後、直ちにまるがめ医療センターの看護師(常勤勤務する者に限る。)として勤務する場合。
(2)看護師学校卒業後に看護師免許が取得できなかった場合は、2年を経過するまでの期間の範囲内で、看護師免許を取得するまでの期間
(3)やむを得ない理由により返還債務を履行することが困難な場合として院長が特に必要と認める場合。

6.修学資金返還免除

看護師学校卒業後、まるがめ医療センター看護師として一定期間勤務した場合、修学資金の返還を免除します。一定期間とは下記の表のとおりです。 なお、返還免除の勤務年数に満たないで退職した場合は、その期間に応じて一部返還が必要になります。
※対象者と返還免除勤務期間

対象者 返還免除の勤務年数
看護大学 4年課程 3年
看護短期大学及び看護専門学校 3年課程
看護短期大学及び看護専門学校 2年課程 2年

7.修学資金の返還

上記の返還猶予、返還免除に該当しない場合、または、次の(1)~(8)に該当する場合は、返還すべき事由が生じた日の属する月の翌月から起算して3ヶ月以内に一括返金(適 正な利子含む)していただきます。ただし、院長が特に必要と認めた場合は、修学資金の返還を猶予し、または返還すべき金額を分割納付できる場合があります。
(1)修学資金の貸与の決定が取り消されたとき。
(2)修学資金貸与対象者の要件を失ったとき。
(3)心身の故障のため修学の見込みが無くなったとき。
(4)学業の成績又は性行が著しく不良であると認められるとき。
(5)修学資金の貸与を辞退した時。
(6)上記の他、修学資金を貸与することが不適切と認められるとき。
(7)看護師学校卒業後2年以内に看護師免許を取得できなかったとき。
(8)死亡、心身の故障で看護師の業務に従事できないとき。
※当病院に在職している期間中に、業務に起因する場合は除く。

8.延滞利息

正当な理由がなく修学資金を返還すべき日までに、修学資金を返還しなかった場合は、修学資金を返還すべき日の翌日から返還の日までの期間の日数に応じて、返還すべき金額の年14.6パーセントの割合で計算した延滞利息を支払っていただきます。
※延滞利息は關年の日を含む機関においても、365日当たりの割合とします。

問合せ先・申込み先

医療法人社団 重仁 まるがめ医療センター 総務課
〒763-0402 香川県丸亀市津森町219番地
Tel  0877-(23)-5555
Fax 0877-(23)-6200